movie

Loading...

3.19.2017

猫魔と西大巓のスキー

裏磐梯のスキー
桐沢塾のペンギンツアーに参加

2017年3月17-18日
member 羽根田、松倉、伊藤記
春山を行く

磐梯山など霞む山々が見えた

塾長の疲れないテレマーク

3月17日
羽根田さんが猫魔岳にでも行こうか、というので裏磐梯スキーに即決。6時前に白岡まっちゃんのセレブな車でスタート。
10時ころには猫魔スキー場着。山には雪雲がかかっていて山頂リフトは止まっていた。シニア1日券でもっぱらサイドカントリーを滑る。あれあれの雪面で降りるだけだったけれど標高差2000mくらいは滑ったかも。
休暇村温泉に寄ってポロ-ニアにイン。喜多方のおいしいお酒をいただく。夕方から雪。
重雪で難度高い

力強いミハエルのスキー

クラシックテレマーカーの鑑

3月18日
好天、新雪が20センチほど降ったようだ。ポロ-ニア桐沢さんのツアーに参加。五味さんやなべさんなど古い顔に会う。今日は1ダースほどのメンバーだという。
グランデコの3回券でスキー場トップへ。重い新雪のラッセルだが後をついていくだけなのでラク。適当なところからブナ平へ滑降。暖かいのでジャケットもグローブもいらない。
さらに百貫清水近くまできれいなブナ林を滑る。みんな重い新雪をねじ伏せるようにして滑る。きのう開眼したというまっちゃんの滑りがすばらしい。古いベテランたちの細板テレマークはあいかわらずうまい。のんびり登り返してブナ平からスキー場へ下る。2時半終了解散。モナカ雪になる直前だった。にぎやあかで楽しいツアーでした。ありがとうございます。

中ノ沢温泉大阪やに寄って母成ライン経由東北道で帰途につく。春のツアーシーズンが始まった、またどこか出かけましょう。

裏磐梯テレマーク塾の写真









2.23.2017

富士山ろくのスキー(お宝写真みっけ)

富士山ろくのスキー
古い写真発見


2017年2月22日
member yume kei taro、伊藤記

2月22日
yumeちゃん(6歳)と2日目、2回目のスキー。富士山ろくのイエッティへ行く。ゲレンデは0℃くらいの陽気でときどき雪が舞う。
足慣らしのあとリフトに乗って5~6回滑る。スピード上達で昼過ぎには一人で上から下まで失敗なしで滑りおりることができるようになった。リフトが1000mほどだから5~6㎞滑ったことになる。リフトに乗るのは初めてだったが手をつなぐだけで上手に乗り降りできた。

レストランのカベに古い写真が展示されていて、今は、バックカントリーエリアとなっている(なにもない)太郎坊の御殿場スキー場、そのかつての様子を知ることができた。

展示のタイトルは、日本スキー発祥の地。太郎坊でオーストリアのクラッセルが初スキーしたのは1910年のこと。太郎坊とイエッティスキー場は富士山中腹とはいえ、4~5㎞離れていて別の場所だが、富士山のスキーエリアということではいっしょと言えるかもしれない。太郎坊のゲレンデは宝永山の噴火のスコリア砂漠帯を利用した天恵のもの、クラッセルの日本初スキーの地の記念碑は大石茶屋の下、バス停の脇にあるが、イエッティにも似たようなものが立てられていて苦笑。
昭和初期の太郎坊のスキー場

往事の太郎坊のスキーヤー

富士山御殿場口登山道の旧1合目あたりが太郎坊。
御殿場市営スキー場のリフトが記載された古い地理院地図
太郎坊のスキー場写真は、昭和初期のモノクロのものと昭和61年のカラーものがあった。

モノクロの写真には、往年の装備をしたスキーヤーや歩いて登る様子、馬そり、ゲレンデ食堂や宿などが見られる。
当時、太郎坊までのバスがあるわけもなく、スキーヤーは御殿場から歩いてやってきたのだろう。日帰りではきついからここの山小屋を利用した人も多いはず。それにしても、道楽ものの遊びとはいえ昔の人の「スキーしたい熱」は今をしのぐものがあるように思える。

当時、旧東海道線御殿場駅から陸上自衛隊基地のある滝が原までは6㎞ほど、なんらかの公共交通機関があったかもしれない。なんといっても滝が原は明治時代からの日本陸軍の基地、今は進駐軍(アメリカ海兵隊)のCAMP FUJIと道をはさんで向かいあっている(西丸震哉氏は学生時代にここで軍事訓練を受けたそう)。

滝が原からは旧御殿場口登山道を歩いて太郎坊までは、7kmほど。そのころのスキーヤーは汽車で御殿場駅まで来て、駅から13km、3~4時間かけて平気で太郎坊にやってきたのだろう。昔の積雪期富士登山の定石ルートでもあったはず。
御殿場市営スキー場昭和61年。ゲレンデだった場所がよくわかる。
静岡県民に限らずなつかしーと思うヒトは多いはず

カラーの写真は御殿場市営スキー場として開設されたころのもので、にぎやかなゲレンデ風景とリフトの大行列がわかる。御殿場市営スキー場は1975年の開設で、双子山(二つ塚)の斜面にリフト1本とロープトウなどがあった。
当時は、今の大石茶屋あたりがゲレンデ食堂になっていたらしい。いつだったか双子山(二つ塚)スキーのときに中腹でリフト跡のコンクリートのカケラを見つけたことがあった。

御殿場市営スキー場は雪不足のことが多く、雪崩に何度か襲われたこともあって1990年に閉鎖されたという。太郎坊の上の御殿場登山口バス終点の大駐車場はそのころの名残りだろう。雪崩は富士山特有の液状雪崩(スラッシュ雪崩、雪代とも)で、御殿場市営スキー場はその通り道にあったようだ。
登山史に残る1972年3月の富士山大量遭難はまさにこの御殿場登山道沿いで起きていて20数人の死者のうち半数ほどが雪崩によるものだったという。数年前、山スキーの折りに偶然、新田次郎の碑文が印されたその遭難碑を見つけたことがある。今でも探せば見つかるはず、あるいはブッシュに埋もれているか。
ちなみに、
富士山スカイラインの御殿場登山口入口にあるトンネルは雪崩シェードで、スラッシュ雪崩の通り道に作られたもの。

はなしのついでに、
太郎坊というのは、大天狗の名前のはず。富士山スカイラインから御殿場登山口へ少し入ったところの地名、もとは神社や山小屋があったのだろう。ちなみに次郎坊という地名が御殿場口登山道の大石茶屋の先にある。太郎坊は富士山レーダーを建てるときに基地となったところで、その後も測候所の補給基地として機能していた。いまでも廃屋がそのあたりに残っている。近くには、往年の英国航空機墜落の慰霊碑もある。

してみると、太郎坊のあたりは、天狗の住み家、富士山登山口、日本スキー発祥の地、旧御殿場スキー場、雪崩遭難、飛行機の落ちたところ、、、などがあって、ちょっとした名所と言えるのではないか。

さてイエッティスキー場のこの日。午後、ほどほどのところでスキーを切り上げて山を下ることにする。御殿場まで下ると日が射してきた。山北のサクラの湯と鉄道公園に寄ってひとやすみしてから、帰京。

こどもの上達はすごい。
リフトに乗れるようになればあとはうまくなる一方

御殿場線山北駅前の鉄道公園、サクラの湯のとなり。
これが旧東海道線の山道をお助け丸で引っ張っていたという。
動態保存されていてときどき走る!
丹那トンネルの開通で新東海道線が熱海経由に変わったのは昭和9年だという。
それまで山北駅は東海道線の最難関区間の機関区として重要な基地だった、とウイキぺでぃあ
参考
イエッティスキー場は2001年からの呼称でそれ以前は日本ランドスキー場と言った。日本ランドHOWスキー場という名称もあった富士急行の系列。1971年のオープンで、そういえばskier誌などで取材していた覚えがある。日本でいちばんオープンするのが早い人工雪のスキー場、というのがウリで10月中旬から滑ることができる。


寄生火山の真ん中にある日本ランド(古い地理院地図)
イエッティスキー場よりもやや南側にリフト(ゲレンデ)があったようだ

日本ランドという名が消えている(最新の地理院地図)



2.08.2017

札幌のスキー

札幌のスキー
近郊のスキー場と山、2月

2017年2月3~7日

member とくち、はねだ、まつくら、伊藤記
千歳着。きのうは吹雪だったらしい

朝里岳。はねやん

日本海へ。まつたん

とくつあん

2月3日
とくちさんと朝いちで羽田へ。千歳でエスティマを借り出して空港へバック、後発二人をピックアップ。そのまま小樽へ走る。恒例のスキートリップ、いつものメンバーだ。
朝里温泉スキー場で午後券を購入してひと滑りする。

昨日は大吹雪だったとかできれいな新雪がゲレンデ脇に残っていた。ローカルなスキー場で穴場。小樽のマウンテングにイン。昔はユースホステルだったところらしい。小樽の町と海が見下ろせる。
運河のあたりで名物の回転すしに入り小樽の雪まつりを見物する。
小樽の冬まつり

2月4日
キロロスキー場へ。欧米風の造りの施設。6時間券を購入。登山届けを出して長いゴンドラで上がる。余市岳が見えるが風雪模様。ゲートを越えてもっぱらサイドカントリーを滑る。おとといの深雪がまだ少し残っているようだった。素泊まりなんでまた夜の小樽へ。朝里温泉と名物寿司やへ。
キロロサイドカントリー

2月5日
快晴の朝。道道1号で札幌国際スキー場へ。登山届を出すところが見当たらずゴンドラトップからそのまま朝里岳をめざす。わずかな登りで山頂。シュカブラと樹氷が点在する広いピークは視界がないと迷いそうだ。キロロのゴンドラトップがすぐそこに見えて余市岳が向かいにそびえる。羊蹄山とニセコの山が見えた。

日曜日で数人の山スキーヤーが登ってきた。北面のメローな斜面を数回滑る。青い日本海を見下ろす快適な滑降だった。スノーモービル数台上がってきてやかましくなった。
ゲレンデに戻りサイドカントリーで1日券を消化する。

定山渓ホテルに移動。いくつもある宴会向き大型旅館のひとつで大食堂と大きな風呂が自慢。外国人客も多い。広い部屋と低価格が取り柄。
あれが朝里岳

朝里岳から余市岳

2月6日
高曇りの朝。クラシックな山スキーエリア無意根山へ。定山渓から豊羽鉱山登山口までは30分ほどのドライブ。先行のスキーヤーか車が2台。
10時過ぎにスタート。
無意根山荘は見当たらなかったが古いスキー場跡を登る。緩い起伏を登っていくが幅広スキーには似合わない。昨日のシュプールが数本あってラッセルはない。1時まで登って千尺高地。長尾山の下でここから無意根山がかすんで見えた。風も出てきて寒いんでここからダウンヒル。千尺高地は昔のスキーヤーがなじんだゲレンデらしい。のんびりツリースキーで3時前にクルマに戻る。
北田紘一、伊藤健次さんの書いた古い案内書ではツーリング向きとあって、長い。滑り重視の今どきのスキーヤーはやってこないかな。
あれが無意根山

千尺高地

2月7日
朝から小雪が舞う2月らしい風景。定山渓から下って途中にあるFU'Sスキー場へ。2時間券で滑る。粉雪が積もっていて練習になったが寒くて2時間ももたなかった。自衛隊とスキー授業のこどもたちでにぎやかだった。
札幌に下って雪まつりを見物してラーメンを食べて解散。雪まつりは夜訪ねるのがいいとまつくらさんが言っていた。観光としては小樽の冬まつりほうが上みたいだ。夕方便で帰京。
一時帰国中のとくちさんはまだしばらく北海道旅行だという。5日連続でスキーを履いたので練習になったかな。
ここはかなり面白い。fu'sスキー場

スターウォーズ

キロロで
matutinのレポートはここへ。



1.30.2017

車山1月の展望

霧ヶ峰
ここの展望はお世辞ぬきですばらしい
2017年1月29日

天候 はれ
member 伊藤記

車山から見る四方の山は名山ばかり。霧ヶ峰は信州の真ん中、ほぼ本州の真ん中にあたっている、あたりの山からほどよい距離にあるのが特長。この展望台にまさるところはあんまりないのでは。
奥穂高岳など

乗鞍岳

常念岳

富士山北面

甲斐駒岳と北岳

仙丈が岳

木曽駒ヶ岳、宝剣、空木岳など

鹿島鑓ヶ岳

浅間山

四阿山と根子岳

三峰山の後ろに爺が岳と蓮華岳

火打山と妙高山

八ヶ岳

ほかに蓼科山、鳳凰山、焼岳、槍ヶ岳、五竜岳、などが見られる。日本百名山は20座ほど確認できた。カシミール3dでみると立山、水晶岳、白馬などもぎりぎり見えるようだ。苗場山や谷川岳、日光、尾瀬あたりも見えるのかと思ったが無理そう。ほかに雨飾山や草津白根は見えたような気がする。









霧ヶ峰

霧ヶ峰2月のスキー
バックカントリースキーのつもり
2017年1月29日
雪は少ないがスキーを外すほどではない

車山肩から山頂

天候 はれ
member 伊藤記


未明にスタート。多摩川を遡り国立ICから中央道。のんびり行くが談合坂のあたりで明るくなる。諏訪南ICからビーナスラインで車山肩。車が数台、スノーシューの人が多いようだ。10時にスキーシールでスタート。絶好の好天。

雪は少なくてあちこちをスキーで滑りまわるのは無理そう。車山山頂に続く古いハイキング道を上がる。山頂下に雪崩のあとがあった。視界は良好で富士山から北アルプス、妙高まで見える。

山頂でのんびりして車山スキー場へ滑り込む。日曜日なのでレースがあったりしてにぎやかだ。リフトで山頂に戻って、指定されたハイキング道(気象レーダー塔の取り付き道のようだ)を下る。あっというまに駐車場に戻った。2時終了。
デブリ

車山のスキー場

古いハイキング道のほうが面白い

南風の日で、夜は雨になるらしい。異常にあたたかく軍手1枚でも寒くなかった。
北アルプスの方から前線の雲が勢いよく流れてくる。北八ツの取材にも行きたかったが明日は雨予報、なので富士見パノラマスキー場へ下り温泉。ひとやすみして翌未明に帰京。