movie

Loading...

10.13.2017

空木岳再訪(古い写真あり)

空木岳
なつかしい山。遠い、が花崗岩の稜線はすばらしい
2017年10月10日
member  太郎 伊藤記
千人塚公園からの空木岳

駒石過ぎると間近か

10月10日 火曜日
1964年の10月10日。東京オリンピックの開会日に菅の台から空木岳を目ざした。ラジヲで中継を聞いたかもしれない。紅葉がきれいだったのとカール底のぼろい小屋を覚えている。清陵山岳部の秋山行だった。高木さんがリーダーだったかな。今日も特異日らしく好天。

5時。まだ暗いのでヘッドランプでスタート。池山小屋につく前にすっかり明るくなり、尾根に上がると朝日がまぶしい。細尾根がでてきて岩場もでてくる。こんなところの記憶はないがあとで大地獄、小地獄などの名がつけられていると知る。太郎は登りは平気だが下りはいささか心配。
カール道との分岐で初めて山頂が見える

空木といえば駒石、だそう

天竜川の向こうに南アルプス全山

空木カールの秋

カールの小屋への分岐を過ぎると山頂が見えてくる。花崗岩の大岩が点在する痛快な稜線をとぼとぼと行く。ハイマツ帯からは南アルプスや八ヶ岳、昨日登った守屋山がよく見える。駒石を過ぎて肩の小屋(駒峰小屋)まで行くとちょうど小屋閉めの最中だった。11時半に山頂。トレランの人と登山姿の人が休んでいた。展望は素晴らしい。塩見岳の後に富士山が頭を出していた。

カールに下って避難小屋をのぞいてからのんびり往路を下る。岩場や階段、ハシゴの下りは太郎の苦手。4時半に車に戻った。20人くらいと会っただろうか。グループはいなかった、単独かせいぜい二人組。日帰り登山で足の速い人が多かった。老骨にとってはできれば見たくない人種ではある。

暗くなるころ麓のこぶしの湯に寄ってから飯島の道の駅へ。広くて空いていてけっこうなところ。
暗くなる前に登山口駐車場着


太郎がんばった

10月11日 水曜日
千人塚の池畔から空木岳を仰ぐ。意外と近くに山がある。伊那のみはらしファームで野菜など買って、寒天パパガーデンに寄る。以前にも思ったことだが伊那谷は明るくてきれいな田舎だと再認識。
杖突峠を越えて下道で韮崎旭温泉経由甲斐大和の道駅へ。甲斐大和というのは初鹿野のこと。暗くなってきたのでここで車泊。翌早朝深夜割引を使って帰京。

お宝写真
上諏訪のいちき糸店高木さんが送ってくれたので掲載。54年前のもの。関さんが持っていたもの。テント縦走するつもりが悪天で避難小屋に1泊して空木岳に登って下山した。カールの様子や山の形は変わってないが当時の装備がおもしろい。顧問の先生とほかは清陵高校山岳部の1~2年生。








守屋山なんど目か

守屋山
なつかしい山。ハイキング山としては品質高い
2017年10月9日
member  太郎 伊藤記
太郎12歳

東峰から八ヶ岳

10月9日 月曜日
三連休の最終日で好天予報。早めに都内をぬけて甲府で高速道を降りる。杖突峠を越えて駒ヶ根に行く予定なのでどこかに寄ってみたい。
茅野から安国寺を通って杖突峠でひとやすみ。久しぶりに守屋山に登ろう。
茶屋にあった古い峠の写真

杖突峠から茅野と八ヶ岳

登山口は、太陽光発電所と変わっていて、山中では大々的に工事が進行中でうるさい。
こんな道だったけという坂を登って林道わきにつけられたハイキング道を行く。分杭平、小屋があってピクニック広場のように整備されている。前は違う名前だったような。神宮寺村の管轄のよう。2時間もかからず東峰ピーク。

数グループのハイカーにあった。子供連れもいた。一等三角点のある西峰は敬遠して往路を戻る。好天でよい展望に恵まれた。何度か登っている山だが、前回は、と考えてみると子連れで30年以上前かもしれない。ヤマケイの記事になっている。しかし、山を勝手に?太陽光発電所にしていいものだろうか?

守屋山には諏訪大社上社の奥宮がある

東峰

秋色


4時間かからないハイキングだった。近頃はハイキングばっかりだが、ほかの山とくらべても守屋山は悪くないと思いました。冬もいいだろうね。

高遠に下って今は静かな城跡を散歩して、さくらの湯に寄る。駒ヶ根市に入り菅の台から空木岳登山口へ上がる。工事中で通行止め迂回があったりしてこの林道が今日の核心部だった。それにしてもひどい悪路。名峰への最適な道なので改良していただきたい。易老渡への道に勝る悪路といえそうだ。

9.14.2017

五竜岳ワンデイ

五竜岳日帰り
こんな険しい岩峰とは知らなんだ
2017年9月9日
member  伊藤記
とんがり頭のピーク

中遠見あたりから、遠い

9月9日 土曜日

明るくなるころ富士見パノラマから白馬へ移動。白馬五竜のゴンドラとリフトで地蔵の頭まで上がる。始発が7時半で8時にはスタート。山登りする朝にしては遅い。50人くらいが三々五々、遠見尾根から五竜岳をめざしている。
雲が湧いているが上天気である。地蔵の頭からは山頂や向いの白馬三山、信越五岳などが見渡せる。
8時にスタート

湿原や池がある。まだ遠い
鹿島槍ヶ岳がよく見える

五竜山頂までのルートが見えてきた

リフト終点1600mから五竜岳山頂2814mまで高度差はあるが水平距離が長いので、とくに前半は緩い勾配で登っていく。大遠見をこえ湿原帯を過ぎ、西遠見からは急坂となってがんがんと高度を稼ぐ。白岳まで上がると後立山の主稜線、黒部側が見える。

少し下り五竜山荘。テントがにぎやか。山頂部は岩山で穂高並みの険しさだった。鹿島鑓も唐松岳にもこんな岩場はなかったはず。1時半にとんがり頭の山頂。案内では登り6時間かかるとあったが、それでも予定よりは時間がかかった。
白岳から唐松岳みえる

白岳から山頂までかなり長い

岩場を行く

登りはスローペースだったので、下りは急ぐ。とはいえゴンドラに戻ったのは5時半だから4時間もかかった勘定、年寄にはなかなか厳しい山だった。

ゆーぷる木崎湖によって安曇野道の駅で休む。
翌朝明るくなってから再移動。勝沼で笹子峠に行くことを思いついて旧道に入る。旧トンネルや峠ハイキング道、矢立のスギなど見学して昼過ぎには帰京。


9.13.2017

羅漢寺山

羅漢寺山ハイキング
御岳昇仙峡の山と古い道
2017年9月8日
member  伊藤記
弥三郎岳の頭

太刀の抜き岩あたり

9月8日 金曜日

甲府の御岳昇仙峡から見上げる白砂青松の山山は羅漢寺山と呼ばれていて主峰は弥三郎岳、ロープウエーで観光客がたくさん訪れるところ。山梨百名山では一帯を羅漢寺山としているようだ。弥三郎岳以外の山は歩く人は少なく静かなハイキングルートになっている、という。

金曜日の朝早出して都内を抜ける。中央道の勝沼で降りて甲府市内から昇仙峡へと上がる。立地は街の裏山というかんじ。先週もきているので迷うことはない。

車を仙娥滝のパーキングにおいて、6時40分にスタート。だれもいない荒川沿いの遊歩道を5㎞ほど歩いて下る。途中にあまたの名所があるが吊り橋を渡って羅漢寺に寄る。五百羅漢と阿弥陀さまのいる古寺である。

昭和遺産の趣のあるの長とろ橋。あたりには廃旅館などがあってかつては昇仙峡巡りの起点としてにぎやかだったように見える。古いコンクリート橋のたもとからハイキング道を登る。8時。
羅漢寺

長とろ橋

白山(白根)展望台

ひと登りしていったん林道に出てからもういちど山道に入る。ぼんやりした尾根状をゆるく登ると平らにでて、あとは水平道のような山道が続く。等高線沿いにのびているようだ。獅子平村からの道を合わせると高原状になってスギの植林帯となる。林の中に石垣が散在していてどうやら昔の山の畑のあとのように見える。

幅広の歩きやすい道が続き白山(白根)展望台。南アルプスが雲の中にあるようだ。太刀の抜き岩あたりには花崗岩の大岩に石仏と杵が安置されていた。このあたりまで村の生活圏だったのだろう。古い道である。

白砂山からは向いにロープウエー駅と弥三郎岳の山頂が見えた。人の声も聞こえてくる。人型の大きな岩峰は鎧岩だろう。
長とろ橋からここまでだれにも会わない。
白砂山あたりから弥三郎岳、鎧岩

八雲神社。裏に石祠がある

12時前にロープウエー駅。あたりは観光客用の施設や看板が満載。パワースポットだという。それって何? 八雲神社の裏には石造りの大きな祠があって古いものに見える。地元の氏神で500年の歴史があるというから侮れない。石段の向きからみると今のロープウエー駅に向いた表口は裏口だったのではないか。

弥三郎岳はすぐそこで大きな花崗岩の裸岩だった。絶好のロケーションと展望。
パワースポットとかいうのなら、甲府、昇仙峡、八雲神社、さらにその先の金桜神社、甲信国境の金峰山を結ぶラインがそれにあたりそうだ。

ロープウエー沿いに下山路があるとネットで見ていたのでそれを下る。幅広の明瞭な道できれいなジグザグで急勾配を下っていた。荷車も通えるほど。下半には植林帯のあちこちに石積みあって猪狩村(昇仙峡あたりの村)の山の畑だったことがわかる。桟道や橋はもうすこしで朽ちはてるのではないか。捨てるには惜しい道だ。
植林帯の中に石積

降り口はロープウエー駅の近くの小沢にかかる橋で、こないだきたときはヤブで侵入不可と見えたところだった。ここにも石仏が捨てられたようにあった。1時半には車に戻る。
ハイキングルート全体があれこれ古事を感じさせるコースといえる。景色もいい、おすすめ。

金桜神社から韮崎に下り富士見へ。温泉センターによって富士見パノラマスキー場で休憩。毎度のところで八ヶ岳がよく見える。明日も好天予報なので白馬へ移動して五竜岳に登りたい。

8.28.2017

御岳昇仙峡

御岳昇仙峡と大泉
自然景観はすばらしい。古い名所
2017年8月26~27日
member 太郎 ユメ ケイ 伊藤記
山の上にハイキングルートがある

入り口はこのあたりでなく、いちばん下流の古い橋

覚円峰

石門

8月26日 土曜日
 恒例の甲斐大泉の集まり。古い山の仲間がぽちぽちやってくる。現役クライマーはほとんどいないかな。

夏休み最後の週末なので早朝出。時間があるので昇仙峡に行ってみよう。この桃源郷は中世からの名勝で正真正銘の観光地。

中央道を勝沼で降りて甲府近くから山へ向かう。初めての道。
千代田湖でボートで遊びしてから、くねくね道を上がると素晴らしい景勝の地にでる。どこかハイキングルートがあると以前調べたはずだが、うろ覚え、古いお寺のあたりをのぞいみるが入り口がわからなかった。暑い日で山に登る気分にならない。

渓谷の遊歩道は涼しくて具合がいい。人も多いが自然の景観は流石というべきもので、観光地としての実力を知ることができる。雪がくるころまた来てみたい。

韮崎に下って泉の湯経由甲斐大泉に上がる。暗くなる前にやっちんの山荘着。みなさんとゆるりたのしい一夜を過ごすことができた。

翌日。いつからか県営牧場の一部がまきば公園となっている。綿羊や仔馬など見学して、清泉寮で喫茶してから帰京。午後、渋滞前に東京に入る。意外と涼しい。

カンボジアのクライマーに会った

ヒツジとスピナートイがお気に入り